かんだ もみじ

Kanda Momiji

出身地:長野県松本市
血液型:O型
長野県立松本美須々ヶ丘高校卒業


1950年12月19日、長野県飯山市生まれ、松本出身。

高校卒業後は銀行員となり1974年に結婚。一男二女を設け、子育の後舅姑の介護も務めた。

専業主婦として奮闘する中、49歳から神田紅(かんだくれない)の講談教室に通い始め、2001年には50歳で弟子入り、2006年二つ目昇進。2016年秋の真打昇進を目前とした同年5月に末期の胆のうがんが見つかるも、同年9月に真打昇進披露を敢行。戦後では史上最年長、65歳での堂々、真打昇進を果たす。 披露興行後も、体調を整えながら高座へ上がる。

亡くなる3週間前、 7月4日の所沢講談会が最後の高座となり「鉢の木」を語る。
全身全霊で挑む高座は人々の心を動かし、命を懸けて丁寧に紡ぎだされる言葉の一つ一つは、多くの人々の勇気となった。 得意演目は、「鉢の木」「五郎正宗孝子伝」「大つごもり」「竹くらべ」他。 また、小泉八雲の作品「耳なし芳一」「雪女」「ろくろッ首」を講談作品として手掛け好評を得ていた。



芸    歴

平成13年

神田 紅に入門。

平成18年

二ッ目に昇進。
   
活動内容: 都内の寄席出演のほか、小学生やPTA対象の講談教室の講師など。

得意ネタ:

鉢の木・二流の人・名君忠之・近松門左衛門、樋口一葉の闇桜や大つごもりなど。髪結新三の連続モノも仕込み中です!
好 物: ラーメン!!味噌味・醤油味・塩味と味を変えて毎日でも食べたい!太麺ならなおさら結構です!
趣 味: 水泳、社交ダンス、端唄。

特 技:

華道池坊脇教授、日商簿記1級
アピール: 不老長寿の奥義は講談に有り。団塊世代の皆様、講談で「一生青春」を!